カテゴリ:STU48 > 福田朱里

1: 2018/07/06(金) 19:05:22.97
多すぎワロタ
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1013253828831895552/pu/vid/640x360/deKH7ETinMVkFJjw.mp4
https://twitter.com/nzenzenzenze/status/1013254536205459457

・何度も通いたいと思ってもらえる船上劇場であること
・船酔いする人にも優しいこと
・メンバー1人1人が自信を持てる場所であること
・瀬戸内でしか出来ないことが行われること
・まだファンが少ないからこそ出来るファンイベントが行われること (のちのち売れたら回顧して伝説になるようなやつ。ハイタッチ会とか肩叩き会的なやつ。)
・かと言って古参ばかり優遇し過ぎないこと
・AKBカフェみたいなカフェとかグッズショップがあること
・はしゃぎ過ぎないこと
・始めは思い通りにいかないことが多くてもみんなイライラピリピリしないこと
・愛想が良いこと
・お手洗いの設備がちゃんとしてること
・水回りが綺麗なこと
・ファンの人の意見を取り入れる意見箱を作ること
・刺激的な場所であること
・チケットをもう1回購入する意欲の出る値段であること
・均等に瀬戸内7県をまわること
・ロッカールームが広くて出入りがしやすく数が十分であること
・慣れてきたら瀬戸内の外にも船で劇場公演をしに行くこと
・ファンの人を大切に丁重に一番尊重して扱うこと
・ド新規の人もチケットを申し込みやすいようなシステムを作ること
・STUのグッズをたくさん作ること
・卒業したメンバーにも1回乗りに来てもらいたい
・愛にあふれていること
・花火とかプロジェクションマッピングが出来たらいいな
・海の生き物を傷つけないこと
・船上劇場が常にいいものになっていくような意見をメンバーも上の人に物怖じせず提示しやすい環境を作ること
・たまには陸上でやること、ライブハウス最高!
・上京思考にならず地域に根ざすこと
・ちゃんと歴史を刻んでいくこと
・冗談もちゃんとのんでいくこと
・ほどよくファンとメンバーとの距離が近いこと
・めちゃくちゃ楽しいし、めちゃくちゃ安全であること
・船の上でライブする団体がいるらしいぞー!と日本のみならず世界中で注目されるようになること
・帰り道、みんなニコニコ笑顔で帰っていくこと
・10年後や20年後にも愛されるSTUと船上劇場であること

続きを読む

7: 2018/06/06(水) 23:01:53.75 ID:9rbCgFLO0
ゆみりんのテロップが
福田を1位に!
https://www.showroom-live.com/48_FUKUDA_AKARI




続きを読む

1: 2018/05/27(日) 19:09:19.99
ランキング (2018/05/27 17:00更新)

1位 中井 りか(NGT48 チームNⅢ)7,344,672 pt
2位 福田 朱里(STU48)5,450,780 pt
3位 中村 歩加(NGT48 研究生)4,792,530 pt
4位 石田 千穂(STU48)3,182,797 pt
5位 野々垣 美希(SKE48 チームE)2,927,561 pt
6位 大西 桃香(AKB48 チーム8)2,336,163 pt
7位 森 香穂(STU48)2,296,608 pt
8位 今村 美月(STU48)2,294,958 pt
9位 宮里 莉羅(AKB48 チーム8)2,257,199 pt
10位 中村 舞(STU48 ドラフト3期研究生)1,834,203 pt
11位 佐野 遥(STU48)1,755,261 pt
12位 磯貝 花音(STU48)1,744,675 pt
13位 山根 涼羽(AKB48 チームA研究生)1,572,409 pt
14位 沖 侑果(STU48 ドラフト3期研究生)1,400,933 pt
15位 仲村 和泉(SKE48 チームS)1,378,569 pt
16位 門脇 実優菜(STU48)1,355,187 pt

続きを読む

1: 2018/05/23(水) 17:40:24.14 ID:BTllWCOY0
福田「このイベントが発表された瞬間
誰よりも早くがっつりやるぞっていうのを言いたくて
今日はこの話をしにきました。」

「去年は課金なしの星投げアイテムだけで
フォロワー3000人ぐらいだったけど全員の中で14位に入れたじゃないですか
みなさんのおかげで今年はこの1年でいろいろあったから
フォロワーさんも増えたしめちゃくちゃ頑張りたいと思うんですごい人に負けず
無名の新人でも上に行けるんだぞってことを証明したいと思います!」

               -1-

続きを読む

↑このページのトップヘ